私たちは、買い物の際に「期間限定」とか「30%OFF」という言葉が書いてあると、つい目がいってしまいます。

しかしこれは、アンカリング効果という心理学を利用したマーケティング手法を使って、消費者にできるだけ多く買ってもらえるようにしているのです。

このことを知っておかないと、通販などでの買い物が止めれなくなったり、詐欺に引っかかってしまう可能性があるのです

 

今回は、この「アンカリング効果」について、詳しく見ていきましょう。

 




 

・「アンカリング効果」とは?

 

人は何かのレターやチラシなどを見る時、一番最初に目に飛び込んでくる数字やデータをよく記憶するという特徴があります

そして、何かしらの判断をする際には、その最初に見た数字やデータに影響されてしまうのです

これをアンカリング効果といいます。

 

例えば、以下のようなものがアンカリング効果を使っているのです。

  • メーカー希望価格:9800円
  • 特別価格:4800円

 

人はまず、最初に見た数字をよく記憶するわけですから、「この商品は9800円なんだな。」と思います。

そして、下に書いてある「4800円」を見ると、アンカリング効果によって、最初の数字を思い出し、この数字と比較するため、「かなり安くなってる!」とか「買おうかな?」という風になってしまうのです。

 

しかし、この判断は間違っている可能性があります。

なぜかというと、元々の参考価格を多く見積もっておいて、特別価格として普通の値段で提供しているかもしれないからです

ネット通販やテレビ通販などで、大手企業が行っているものなら、そこまで心配することはありませんが、必ずしもありえないと言えるわけではありませんし、そこまで名の知られていない会社や人から何かを買うのなら、もっと危ないのです。

 

これからは、「数量限定」とか「期間限定」という言葉に惑わされないようにして、本当に自分が買いたいと思ったもの、もしくは、初めから買おうとしていたものだけを買うようにしましょう!

 

 

・「アンカリング効果」を上手く使おう!

 

このアンカリング効果は、販売者だけが使えるものではなく、消費者も応用して使うことができるのです

 

例えば、5万円のものに対して、「半額の25000円にしてください。」と販売者に伝えます。

これは、明らかに無理なことですが、このことが目的ではありません。

この数字を相手に覚えてもらうのです。

 

そして、その後「じゃあ、せめて4万円にしてくれませんか?」と聞けば、販売者はアンカリング効果によってお金の感覚が狂っているので、交渉成立するかもしれないのです。

しかも、販売者は「半額になるところを、ここまで抑えることができた。」と思っていて、実際には1万円も値引きしてしまったことに気づかないこともあるのです。

 

 

このように、「アンカリング効果」はとても強いものです。

もしあなたが、消費者の立場であったら、これからは騙されないように、むしろこの効果を利用するくらいの気持ちでいてください。

また、販売者の立場であったら、この効果を利用して、どんどん商品を売れるようになるといいですね。

 

 

〈まとめ〉

 

  • 「アンカリング効果」とは、人の金銭感覚を狂わすもの
  • 値切りをする際にも有効

 


この記事が役立ったり、面白かったら、下のボタンをクリックしていただけると、今後の励みとなります。

ぜひ、よろしくお願いします!


心理学 ブログランキングへ