こんにちは、Tommyです!

 

今回は、謝罪や感謝を

「最低2回」することの重要さについて、

書いていきたいと思います😆

 

 

 

デパートのフードコートでの出来事

 

先日、地元デパートのフードコートで

食事をしようと思い、そこにあるラーメン屋で

つけ麺の大盛りを頼みました。

 

先に会計して番号札が渡され、

その番号が呼ばれたら

料理を受け取れるシステムのようなので、

ぼくは会計するために金額を見ました。

 

すると、「約1,200円」となっています!

 

(すみません、

正確な値段は忘れてしまいました😅)

 

「ちょっと高いような…」と感じつつも、

後ろに並んでいる人もいるし、

すぐにお金を払って番号札を受け取りました。

 

それで料理が出来上がるまでの待ち時間で、

レシートを確認していました。

 

すると、「つけ麺×2」という文字が!

 

おそらく、レジの打ち間違えを

してしまったのでしょう。

 

「このままだと、2つ来てしまうのでは…」と

気づいた瞬間、番号が呼ばれてしまいました。

 

それで恐る恐る、受け取り口の方に

行ってみると、店員さんが申し訳なさそうに

こちらを見ていました。

 

そう、この異常事態に

気づいてくれていたのです!

 

なので、そこに置いてある料理は1つですし、

きちんと大盛りになっています。

 

そして、その店員さんは何度も謝りつつ、

その差額分を返してくれたのでした👍

 

スポンサード リンク




 

もし謝罪が1回だけだったら…

 

このとき、何度も謝ってくれたので、

逆にこちらも、

「そのときに確認しなくて申し訳ない」

という気持ちにさえなりました。

 

しかしもし、

謝罪が1回だけだったらどうでしょう…

 

「レジの打ち間違えをしてしまい、

大盛りではなく2つ分になっていました。

 

大変申し訳ございません。

 

こちら、その差額分となりますので、

お受け取りください。」

 

確かに、対応の丁寧さは伝わりますが、

マニュアル通りの感じもして、

「謝罪の気持ち」が伝わってこないようにも

思えませんか?

 

そうなんです。

 

人の謝罪の気持ちがこもる、

その気持ちが相手にきちんと伝わるのは、

「2回目」からなんです!

 

 

謝罪も感謝も「最低2回」

 

これは、謝罪だけではなく感謝でも同様です。

 

例えば終電を逃し、

どうやって帰るか迷っているところに、

近くにいた先輩が

車で家まで送ってくれることになった場合。

 

乗るときの「お願いします」と、

降りるときの「ありがとうございました」は

常識なので、ほとんどの人が言います。

 

なので、その1回だけの感謝の言葉って、

あまり心に響かなかったりするんです😅

 

しかし、

  • 降りてからもう一度、感謝の気持ちを伝える
  • はじめの乗る際にも言う
  • 帰ってからメールやLINEなどで送る

など、その回数を増やしたらどうでしょう…

 

確実に、相手の心に響くと思いませんか?

 

そして、こちらは家まで送ってもらえて、

相手も感謝されて嬉しいという

「Win-Winな関係」になりますよね?

 

ということで、謝罪も感謝も

「最低2回」することが大切なのです!

 

スポンサード リンク




 

子どもの方が優秀なのかもしれない

 

最後に、ぼくが運転しているときに

起こった出来事について、ご紹介します😊

 

(運転免許しっかり持ってますよ!笑)

 

片側1車線の普通の道路を走っているとき、

前に横断歩道を渡ろうとしている

小さな女の子が見えました。

 

なので、ぼくは速度を落とし、

一時停止線の手前で止まりました。

 

そして、彼女は渡り始めたのですが、

渡っている間に何度もお辞儀してくれました!

 

しかも、それだけではありません。

 

渡り終えたあともこちらを見て、

お辞儀してくれたのです!

 

この瞬間、僕はほんとに感動しました。

 

「なんて心のキレイな子なんだ!」と。

 

また、ぼくは塾講師をやっていますが、

塾にもこういう子たちがたくさんいます。

 

授業終わりはもちろんのこと、

帰る際にも「ありがとうございました!」と

きちんと言ってくれます👍

 

ということで、全員ではありませんが、

子どもでもこの法則を経験的に理解していて、

素直に実行できている。

 

つまり、大人は当たり前のようにできなきゃ

マズいですよね?

 

言うときに恥ずかしい気持ちも

あるかもしれませんが、

子どものお手本となるべきですよね?

 

ですので、

謝罪も感謝も「最低2回」すること、

覚えるだけではなく実践したいですね!

 

スポンサード リンク




 

今回の『3行まとめ&コメント』

 

  1. 謝罪や感謝は、1回では相手に伝わりにくい
  2. なので、「最低2回」は言うこと
  3. 子どもの方が素直にできているかも

 

Tommy

そのときの表情にも、

注意してみてくださいね!

 

 

さらに理解を深める『オススメ本』