こんにちは、Tommyです!

 

今回は、「やる気が出ない」

「けど、やるべき事がある」ときは、

とりあえず外に出てみると解決するかも?

ということについて、

書いていきたいと思います😆

 

 

 

「宣言」から「身を置く」に変えると…

 

さて前回、このような記事を書きました。

 

目標は「誰か」に宣言した方がいい!その理由とは?

 

内容を簡単にまとめると、

  1. 目標を細分化することによって、人間が好む「現状維持」を打破し、目標達成へと近づけるかもしれない
  2. さらにSNSなどで、その目標を「誰か(わからない人)」に宣言するのも効果的
  3. ただし、家族や友達に伝えてしまうと「逆効果」になる

というものでした。

 

(記事内容のスタートが似ていることは、

気にしないでください!笑)

 

つまり一言でいうと、

「家族や友達ではない不特定多数の人に、

あなたの目標を宣言することで、

目標達成に近づけるよ~」みたいなことです!

 

では今度は、

不特定多数の人に「宣言」するのではなく、

彼らのいるところに「身を置く」

どうなるでしょうか?

 

そうすると、作業に集中できたり、

モチベーションを維持できるようになります!

 

スポンサード リンク




 

一種の「緊張感」が、自分を動かしてくれる

 

どういうことか?

 

例えば、あなたの周りに、

「家にいるとついダラダラしてしまう」

という人いませんか?

 

同僚や友達、家族など…

 

それらの中にいるかもしれませんし、

実はあなたも、そうなのかもしれません。

 

(そして僕も、そうかもしれません…笑)

 

調べてみると意外に、

そういう人は多いみたいです!

 

しかし、彼らも外に出ると違います。

 

  • 一人で黙々と作業を進める
  • 積極的に行動するようになる
  • やる気はないものの、一応なにかしら行っている

 

人やそのときの状態、環境などによっても

異なるかもしれませんが、

とにかくダラダラはしなくなります。

 

なぜか?

 

それは、「人の目」があるからですね!

 

家だと、家族はいるかもしれませんが、

まったく知らない人はいません。

 

なので、ダラダラしていても、

怒られたり変な目で見られるということは

ほとんどありません。

 

ですが、外でそんな状態になったら、

間違いなく驚かれます。

 

もちろん、リラックス目的のそういう場なら

許されるかもしれませんが、

それ以外では引かれてしまいます。

 

(これ以上は、誤解を招く可能性があるので、

書かないでおきます。)

 

つまり、他人に見られているという

一種の「緊張感」みたいなものが、

自分を動かしてくれるんですね!

 

なので、そういう場所や環境に身を置けば、

何かしら行動できるようになるのです👍

 

 

「図書館」に行くのがベスト!

 

そして、できれば「図書館」に行くことを

オススメします!

 

そこなら常に、作業に集中している人が

たくさんいます。

 

勉強や読書、パソコン作業など、

やっている内容は違くても、

積極的に行動している人がたくさんいます。

 

つまり、「やらなければならない雰囲気」が、

そこにはすでにあるんです!

 

だから、自分もそういう気持ちになり、

作業へと取り掛かりやすくなります。

 

他にも、最近ではカフェやフードコートでも、

同様に作業している人が増えています。

 

作業しやすいよう配慮されている店も、

たくさんできています。

 

そして、そういう場所に出かけることで、

さらに作業に集中できたり、

モチベーションを維持することができます!

 

なので、「やる気が出ない」

「けど、やるべき事がある」みたいなときは、

図書館やカフェ、フードコートなどに

行くようにしましょうね😊

 

(ただし、カフェやフードコートでは、

混雑時は迷惑となるので避けましょう。)

 

スポンサード リンク




 

今回の『3行まとめ&コメント』

 

  1. 不特定多数の人がいる場所に「身を置く」と、集中できたりモチベーション維持に繋がる
  2. なぜなら外に出ると、一種の「緊張感」によって行動できるようになる
  3. そして図書館などに行けば、その効果はさらに上がるから

 

Tommy

ダラけた状態から活動するまで

が1番エネルギーを使うので、

その前に外に出てしまうのが

ベストですね!

 

 

さらに理解を深める『オススメ本』