こんにちは、Tommyです!

 

今回は、「だらだらモード」から

スムーズに抜け出す方法について、

書いていきたいと思います😊

 

 

 

1度ダラけると、エネルギー消費が激しくなる

 

さて前回、このような記事を書きました。

 

「やる気が出ない」「けど、やるべき事がある」ときは、とりあえず外に出てみよう!

 

内容を簡単にまとめると、

  1. 不特定多数の人がいる場所に「身を置く」と、作業に集中できたり、モチベーション維持に繋がる
  2. なぜなら外に出ると、周りからの一種の「緊張感」によって、行動できるようになる
  3. そして図書館などに行けば、その効果はさらに上がるから

というものでした。

 

(ずっと内容が続いているので、

今回もまた、同じようなスタートに

なってしまいました!笑)

 

そして、こちらの記事の最後では、

こんなアドバイスを書きました。

 

Tommy

ダラけた状態から活動するまで

が1番エネルギーを使うので、

その前に外に出てしまうのが

ベストですね!

 

そうなんです。

 

1度ダラけると、そこから動き出すのに、

ものすごいエネルギーが

必要となってしまうんです!

 

だから、そうなる「前」に、

動き始めなければならない。

 

ですが、そんなの毎回は難しいですよね…

 

たまにはダラダラ過ごしたいときも

ありますもんね…

 

(僕だって、もちろんあります!笑)

 

でも、やるべき事があって、

それを今すぐしなきゃならない。

 

今はダラダラしてるけど、

本当はすぐにでも始めなければならない。

 

そういうときも、よくあると思います。

 

そんなときに使えるテクニックを今回、

ご紹介したいと思います!

 

(前置きが長くなって、すみません😅)

 

スポンサード リンク




 

「行動の細分化」とは?

 

その方法とは、

「行動を細分化する」ということです!

 

「目標の細分化」については、

以下の記事でご紹介しました。

 

「読書で年収アップ!?」読書を続けるための簡単なコツをご紹介します!

 

ですが今回は、「行動」を細分化します。

 

どういうことか?

 

例えば今、ダラダラしている状態で、

「勉強しなければ」と思っているとします。

 

ですがこれだと、

なかなか行動へと移せないですよね。

 

「めんどくさい」という気持ちの方が

圧倒的に強いと思うので。

 

そこで、勉強をするまでの行動を

細分化してみます。

 

  1. 体に力を入れて立ち上がる
  2. 道具をすべて揃える
  3. それらを持って机に向かう
  4. イスに座ってペンを持つ
  5. 教材を開いて勉強する

 

こんな感じで、ありえないくらい細かく

行動を分けます。

 

(本当は、もっと細かくした方がいいです。)

 

すると、どうでしょう。

 

1つひとつが簡単作業となるため、

行動できそうに感じてきませんか?

 

「とりあえず、立ち上がるだけだから」と、

動き出せそうではないですか?

 

さらに、今している行動を声に出しながら、

やってみると効果的です!

 

これで、だらだらモードからスムーズに、

抜け出すことができるでしょう👍

 

スポンサード リンク




 

脳に理解させる(だます)

 

ただ、このテクニックを駆使しても、

動き出せないときもあります。

 

(なかなか手強いパターンのときです!笑)

 

そんなときは、「脳を騙す」しかありません。

 

  • 意外と、この作業はラクなんだよ
  • 早く終わるときもあるんだよ
  • 始めてしまえば、やめられなくなるんだよ

と、「暗示」のようなものをかけるのです。

 

すると、ほとんどの場合、

だらだらモードから抜け出すことができます!

 

これは脳が、

そのように理解してくれるからでしょうね😁

 

しかも3つ目のやつ、実は本当で、

作業をやり始めると

止められなくなることがあります!

 

人間は、達成した作業よりも「未達成」、

もしくは「中断」しているものの方が

より記憶に残り、

それを進めたがる傾向にあるからです。

 

バラエティ番組やドラマなどの、

途中での「CM」が邪魔だと感じ、

続きが気になるのと同じように。

 

(この心理現象を

「ツァイガルニク効果」といいます。)

 

なので、

  • 意外とラクだと脳に理解させること
  • その作業をしている自分をイメージすること
  • ツァイガルニク効果を思い出すこと

などをさらに行えば、だらだらモードから

抜け出すことができるでしょう!

 

 

抜け出せないときもある

 

最悪、抜け出せなくても大丈夫です!

 

そういうときは、

脳や体が「休め!」と言っているのです。

 

それに対抗しても体を壊すのみで、

いいことはありません。

 

その日は割り切って、

ダラダラしちゃいましょう😆

 

ただし、毎回ダラダラしてしまうのは、

もちろん良くありません。

 

それは、ただの言い訳でしかありませんし、

成長できるチャンスをつかむことすら

できなくなってしまうからです。

 

その日、思い切って休んだ分、

明日からまた頑張りましょうね😊

 

スポンサード リンク




 

今回の『3行まとめ&コメント』

 

  1. だらだらモードから抜け出すために、「行動の細分化」を行ってみる
  2. さらに、その作業をしている自分をイメージしたり、「すばやく楽にできることもある」と脳に理解させる(だます)と良い
  3. それでもダメなら、いっそのこと休んでみる

 

Tommy

休む勇気も実は、

大事なのかもしれませんね!

 

 

さらに理解を深める『オススメ本』